2012å¹´2月6日、西新宿にある株式会社ニフティさんで行われた “OpenFlow 勉強会” に参加したので簡単なレポメモを書いておきます。

まずは OpenFlow の基本動作。

  • メッセージの切り出し
  • ハンドシェイク
  • コネクションの維持
  • スイッチから送られてくるメッセージへの応答

構成は

  • OpenFlow コントローラ, スイッチから成る
  • コントローラは通信制御
  • スイッチはフロールールをコントローラに問い合わせ通信を受け流し(packet/frame 転送)
  • コントローラは L2 - L4 フィールドを見て制御する

そしてコントローラ、スイッチは各社・団体から提供されている。今月も Nicira Networks さんが自社システムの構成を抽象的ではありますが公開され、HP さんも OpenFlow 対応スイッチを12製品ほど発表されました。

コントローラの種別、

  • Beacon (Java)
  • NOX (Python)
  • Ryu
  • NodeFlow
  • Trema (C/ruby)
  • Nicira Networks
  • Big Switch Networks
  • Midokura
  • NTT Data

スイッチの種別、

  • cisco nexus 3000
  • IBM BNT rackSwitch G8264
  • NEC Univerge PF5240/PF5820
  • Pronto Systems 3240/3290
  • HP 3500/5400
  • HP OpenFlow 化 firmware
  • Reference Implementation (Software)
  • Open vSwitch (Software)

NEC さんの PF ほにゃららは、GUI なインターフェースと API を持った製品で OpenFlow 1.0.0 仕様に準拠。スイッチ25台までを管理するコントローラ。価格は、コントローラ : 1000万, スイッチ : 250万 だそうです。スイッチ25台はあくまでもソフトリミットらしいです。

Trema は開発者が日本人で OpenFlow 1.1.0 に準拠。Ruby / C を使ってフロールールが掛けるフレームワーク型のソフトウェアで、github にある Wiki を見ても分かりますが、とても簡潔なルール記述が可能です。あと、特徴なのがテストフレームワーク(シュミレータ)が付いているので、OpenFlow 対応スイッチを購入しなくても自分で書いたルールがテスト出来ます。これはとても大きな意味がある。自宅でもあれこれルールを書けて動作を知るにはとても良い機能です。

Nicira Networks の NVP (Nacira Virtual Platform) はハイパーバイザ上の OpenvSwitch やアプライアンスなスイッチを管理するコントローラから成ると今月公開されました。ただ抽象的な言葉ばかりが並んでいて ( web, datasheet 共に ) まだまだ、仕組みを理解するには情報が足らないのかなぁと感じています。特に distributed controller はどう冗長取れている?など。software designed network の ML が日本でも管理され始めて議論されていますが、ハイパーバイザ上の OpenvSwitch で、カプセル化時のオーバーヘッドをどう攻略するか?が問題じゃないかと話し合われています。

Midokura さんも会場にいらっしゃったのですが、印象的な言葉は “OpenFlow は夢の技術ではないし、既存のネットワーク技術を置き換えるものでもない” でした。サービスを形成するサーバファーム周りで OpenFlow を使ったシステムを組むには良いですけどね。

最後に参考 URL を記しておきます。

  • sdnstudy google group
  • trema
  • Nicira Virtual Platform